ロビンフット靴店

ロビン1子どもの足の成長には、きちんとした靴選びが大切・・という話を聞いたことがある方も多いでしょう。でも正しい選び方がわからなくて、つい価格やデザインで選んでしまう・・・。私もそうでした。
今回、取材にかこつけてウワサのロビンフット靴店へ。ご主人の小黒さんに、子どもの靴の正しい選び方をきっちりうかがってきました。

主なポイントは4つ。

  1. かかとに硬いしんが入っていて、しっかり足を守る靴
  2. 底が硬く、足指の付け根の部分だけが折れ曲がる靴
  3. つま先に1cm前後の余裕(「捨て寸」と言う)がある靴
  4. 靴の中で足が動かないようにヒモやマジックベルトで甲がきっちりとめられる靴

これは大人の靴選びにおいても同じ(大人は捨て寸が1〜1.5cmが理想)。ご自宅の靴をチェックしてみて下さい。この4つを全てクリアしている靴って、案外ないはず。

「子どもに靴を選ばせちゃいけません」と小黒さん。「はきやすい靴ややわらかい靴は足や骨格に悪影響を及ぼします。」舗装されていない土の道なら地下足袋や草蛙で歩いても問題なかったけれど、今や舗装されている道がほとんど。全体重を支え、衝撃を吸収するしっかりした靴が必要なのだそうです。学校で使うバレーシューズと呼ばれる上履きにも疑問を呈する小黒さん。骨が成長する12歳ぐらいまでは、大人が正しい靴を選んで履かせてあげる必要があるようです。それにはまず、私たち親が靴についてもっと勉強しなくては・・。

でも「靴だってオシャレしたいし、そうそう高いものは買えないわ。」というのが消費者の本音かも。そのあたりは小黒さんも心得ていらっしゃって、一人一人のお客さんの要望を聞いた上でベターなセレクションをアドバイスしてくれます。子どもの靴を選びに来て、お母さん自身が2足3足と買って行くケースも多いようですよ。(かく言う我々も、取材そっちのけで自分の靴えらびに熱中してしまいました!)

鎌倉市大船2-6-1 0467-42-6322 無休 10時〜19時
お店のサイトはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/

ロビン2こちらが店主の小黒さん。

ロビン3「街の靴屋ですから、デザイン重視の靴も置いてます。」だそうです。

ロビン4一人一人の足をきちんと見てアドバイスしてくれます。

ロビン5しっかりした白い運動靴を選んで、上履きのかわりに。

ロビン6子どもの運動靴なら3000円台から。

ロビン7このぐらいからいい靴をはいていれば安心だね。

コメント

  1. 大船ママ より:

    子供の靴はここに限る(きっぱり)。
    自慢じゃないが、ウチの小学生は幼児の頃から
    衣服費をすべて靴にかけて(だって高いんだもん)足に良い靴を履かせてきた。
    そしてロビンフットが開店したときは、すぐ常連になったのだが、
    店主がウチの子の足を診断していわく
    「最近の子には珍しく骨がまっすぐに育っていますね」。
    どうだ、靴の威力!
    子供の足をそろえて立たせ、うしろからアキレス腱に沿って、水性ペンで線を引いてごらん。
    線がまっすぐなら骨もまっすぐ、曲がっていたら…ロビンフットへ行こう!
    大人の足も診てもらえるよ。正しい靴で健康に歩こう。
    (旧記事より転載:December 30, 2004 12:30 AM)

  2. BOO より:

    以前、大船ママさんの掲示板の書き込みを見て、ウチも2年生になってからここの上履きを使っています。はじめは、みんなと同じ普通の上履きを履きたがったんですが、いざ、ここのお店の上履きを履いてみると、とても気に入ってしまったらしく、この上履き以外はイヤがるようになりました。子どもでも、足にいいものはちゃんとわかるんですね♪
    (旧記事より転載:January 18, 2005 08:02 PM)

タイトルとURLをコピーしました